天は我に味方せり?

ラグビーとかクイズとか三国志とか適当に

2016年度モノポリー日本選手権 関東地区予選

  14日、2016年度モノポリー日本選手権関東地区予選@ティアラこうとうに参加。 自分はまだ公式大会は2回目なのに何も言われず一般席に放り込まれるという事態に・・・過去の日本選手権チャンプとかうじゃうじゃいるんですがこんな強者の中でどうしろと(泣)

 

   全体ルールは以下の通り

・ボードは日本工芸版を使用

・テーブルは一般席と初心者席に分かれる(1テーブルは原則4人)

・時間は第1ゲーム70分、第2ゲーム65分、第3ゲーム60分 (初心者席は+10分)

・3ゲーム実施し、モノポリー勝ちの回数の多い人が日本選手権出場権を獲得

・権利書はスタート時に2枚配布、交渉は誰かが1周したら解禁

・日本選手権出場枠2人。ただし1人は日本選手権出場経験がない人用の枠

 

第1ゲーム (スタート順:A→自分→C→D)  

 

 権利書はライトブルーとイエローを持ってスタート。権利書はそこそこ買える展開。

序盤の交渉でDさんとオレンジ⇔ライトブルーの交換を提案されて承諾しイエロー1枚を手元に残した状態でライトブルーに全て百貨店(ホテル)を建てて先行。その後Aさんはレッド、Cさんはダークブルー、Dさんは乗り物4枚とそれぞれそろえる。  

 中盤、Cさんが自分のライトブルーに飛び込み550両の支払いだったが現金がないため裏のイエローを渡す提案。こちらはイエローが揃うので了解しライトブルーとイエローを揃える。その後イエローに工房(家)を3軒ずつまでそろえてここまでは順調。イエローに止まって仮破産になったDさんから乗り物4枚を取りたかったがそれではさすがに無理というもので裏のオレンジ3枚を+現金という形で交渉成立。  

 しかしその後自分がCさんの西陣織(ボードウォーク)3軒に飛び込み1400両の支払いでライトブルー、イエローの家が一気に崩れてしまう。最後はAさん経営のレッドの3軒に入って破産。  終盤はCさんのダークブルーvsAさんのレッドの殴り合いになるが最後まで決着はつかずモノポリー勝ちの人は出なかった。

 

 

第2ゲーム (スタート順:A→B→自分→D)  

 

 権利書はレッド+イエローでスタート。序盤は乗り物程度しか買えず苦しい展開に。BさんとDさんが順調に権利書を購入し2人を中心にゲームが動く。  

 Aさんからイエローを欲しいという話があったのでイエローを渡して先行。その後交渉を数回行い最終的にはレッドに工房6軒を建てるもそれ以外の権利書はない状態に。  しばらく我慢だったがイエローで先行した人Aさんがレッドに入り崩れ始める。Aさんは権利書を多く持っているDさんにイエローと他の色の交換を提案するがDさんが渋り結局交渉はまとまらなかった。その後Bさん、Dさんもレッドに入り現金が1000両を越える。Aさんは最終的に自分のレッドで破産し、イエローがまとめて入ってきた。  

 中盤は西陣織に3回入ったがいずれも工房を建てていない状態だったので支払いも少なくて済んだのは幸いというべきか。Bさんがオレンジ+乗り物を揃えたがいわゆる「倍鉄(次の乗り物まで進み2倍のレンタル料を払う)」を2枚とも自分で引くことに。トップ目に立った自分を止めようとBさんとDさんが権利書を揃えたがBさんがレッドに入り破産。これでDさんとの一騎打ちに。  

 終盤はこちらはレッド・イエローに工房3-3-3までそろえる(他に裏のグリーン程度)。Dさんははオレンジ+乗り物(ダークブルーは裏にした)メインでの叩き合いになったが相手がレッド3軒で700両の支払いが続き最後はイエローに入って破産。モノポリー勝ちを収めた。

 

 

第3ゲーム (スタート順:A→B→自分→D)  

 

 権利書はレッド+イエロー(?)でスタート。序盤は第2ゲーム同様権利書をあまり買えず。しかし他の人も買う権利書がバラバラになり交渉がなかなか始まらない。  

 全員が2周以上したところでDさんがAさんからブラウンとライトブルーを買い、ブラウンに百貨店、ライトブルーに工房10軒を建ててから場が動く。自分はBさんにイエローを出してライトパープル+乗り物+250両を受け取る。自分とAさんとでレッド・ライトパープル・乗り物4枚をめぐっての交渉。最終的に自分がライトパープルと乗り物4枚、Aさんがレッド+現金400両という形でまとまる。自分はライトパープルに工房を3-3-3で建設。直後にAさんとBさんがライトパープルに止まり現金が1000両程度入ったがそれでもAさんはレッドに2-2-3で家が建ち決して圧倒的リードにはならない。    

 中盤、Bさんが自分のライトパープルの百貨店に入って破産。これでイエローが自分のところに入り形勢がこちらに傾く。終盤はAさんとの1対1になるがこちらがかなり有利な状態で結果モノポリー勝ち。  

 

 3ゲーム終了で2勝は自分を入れて5人。日本選手権出場者は3人で最初の枠を決めるため自分ともう一人でのプレーオフ(ダイスでGo)へ。

 

 プレーオフ  順番で先行するも2巡してこちらレッド、相手イエローとちょっと不利に。3巡目、レッドのあけび蔓細工(インディアナ)からダイスを振って6ゾロを出し一気に鹿車(ショートライン)へ。最後は1・5を出してGoに到達!  

 

 ということで日本選手権に関東地区代表で出場することになりました! (ちなみにプレーオフで対戦した人は4人でもう1回ダイスでGoを行いそこで勝って日本選手権出場を決めました)  

 

 日本選手権は11月6日に奈良で実施。東京の後は波佐見(長崎)、三条(新潟)、京都、名古屋で地区予選を実施。ラストチャンス大会も奈良で実施予定とのこと。  

 

 日本選手権に出られたらいいかな・・・とは思っていたのだがこんな短期間?で出られるとは思っていなかった。せっかく日本選手権に出られるので楽しみながらも狙えるところは狙っていきたい。地蔵で終わるのもつまらないので場を湧かすようなプレイングができればと思う。どこかの本(RUQSのクイズ全書だったっけ?)に「楽しみながら強くなる」と書いてありましたがある意味それを実現?できたのかなと。

 

 

f:id:mkudo77:20160815142453j:plain