天は我に味方せり?

ラグビーとかクイズとか三国志とか適当に

第22回日本モノポリー協会 会長杯

に参加してきました

 

会場は大井町駅そばのきゅりあん・イベントホール。今回は初参加ということで参加費は無料だった。

テーブルは一般?席と初心者?席(参加経験が少ない人用。協会の人がバンカーを務めてくれてルールの説明やアドバイスをしてくれる)があり、自分は当然初心者席へ。総勢40~50人程度の参加者だった。中学生とおぼしき子も。

全体のルールはこんな感じ

・1テーブル4人(ごくまれに3人)
・3ゲーム実施
・1ゲーム75分が基本(最大90分)
・3ゲームの総資産+αで順位を決定、優勝者は日本選手権出場権を獲得



第1ゲーム

序盤から権利書がなかなか買えず苦しい展開。権利書を持っていないと交渉に参加できないのでおいていかれてしまう感じに。2周目にはレッドとライトブルーは1枚ずつ手に入れていたのでなんとかなるかな?という程度。結果的にレッドを揃えて家を1-2-2にしたがそこから発展できずに最初に破産。(4人中4位)

第2ゲーム

このゲームは3人テーブル。割と順調に権利書が買える展開。3周目でライトパープルとダークブルー(←ボードウォークがあるグループ)を交換すればそろえられる状態になり、他のプレイヤーから交換を提案され、ダークブルーに少し現金をつけてライトパープル2枚をもらいライトパープルを揃えて家を1-2-2に。結果的に他のプレイヤーが結構止まってくれたのもあってじわじわ差を広げてモノポリー勝ちで終了。(3人中1位)

第3ゲーム

第1ゲーム以上に権利書が買えない。しかしコマはどんどん進む(苦笑)。3周目に入るところで権利書はイエローのベントノールのみ。なんとかバーモント通りを買うことができ、他のプレイヤーからライトブルー2枚⇔ベントノール+現金300ドルの交換を提案されそれに乗りライトブルーを全てホテルに。しかしその後レッド、イエローに家が3軒ずつ建つ展開になる。ホテルに入る人もいたがこちらがイエローに入ってしまい徐々に崩れて最初に破産。(4人中4位)


今回はゲーム終了時の資産がそのままポイントになる(モノポリー勝ちは一律10000p、非モノポリー勝ちは上限が6000p。第3ゲームは15000p-4000pになる)。したがって3ゲーム終了時のポイントは10000p。

で、「+α」は初参加者および日本選手権に参加したことがない人におまけがつくというもの。(初参加者はダイスの目×1000p、日本選手権未参加者はダイスの目×400pが加算される。)つまり初参加でもいきなり日本選手権に出られる可能性があるという初心者に親切な設計。自分は6だったので6000p加算、最終結果は16000pだった。トップの方は約27000pだった。

今回は初参加ということでusedではあるが今回使用した80周年記念エディションをそのまま1セットいただけた。これは全く想定していなかったのでちょっとびっくり。


3ゲームやってみたが集中していると時間が進むのが速い。当たり前だが頭はよく使う。「楽しい」という意味ではなく「いろいろ考える」という意味で非常に面白いものだった。

 

また、今年度のスケジュールも決まっているものが最後に発表された。現状決定している日程は下記の通り。

 

〔日本選手権地区予選〕

5/4(水・祝) 盛岡 5/5(木・祝) 仙台 8/14(日) 東京

名人戦

5/15(日) 東京