天は我に味方せり?

ラグビーとかクイズとか三国志とか適当に

6th GHC Digest Vol.3

堀切が終わったというのにこちらは進んでいなかった(汗)

※結果欄は敬称略

3Rのコース別後半はじっくり系の企画。3つ目は早押しボード。
 序盤1問目「タウンゼント諸法」はスルー。2問目「日本人では小平邦彦が」で室井さんが押して「フィールズ賞」と答えるが×。小平邦彦が出るとフィールズ賞とくるのはまあ仕方ないか。正解は「ウルフ賞」だったが何人か反応していた。正解が出たのは4問目「サツマイモ」(「十三里」という呼び方もある〜)をハマクドーさんが押して正解。
 中盤6問目「メルヘン街道」はハマクドーさんが押して正解し+13とし独走態勢へ。そんな中檸檬さんがおそらくえどきゅう史上初といってもいい早押しボードでの正解を出し拍手喝采が。一方トップを走るハマクドーさんは7問目「(オリンピックの)選手村」を押して正解した後8問目「五代友厚」を読み切った後多少迷ったそぶりを見せながらも押して単独正解し+28とし1抜け。久々の圧勝劇であった。9問目「アンバサダーホテル」は室井さんが押して単独正解し+12でこちらも一気に集団から抜け出す。
 終盤11問目。選挙に落選しようが発禁処分になろうが『蒼氓』→石川達三の図式は変わらない。この問題はぽちょむきんさんが押して正解するがボード正解も多く+4を加えるにとどまる。12問目「岐阜事件」は室井さんが誤答するも2問目と同様正解者がおらず−1のみ。13問目「地黄八幡」→「北条綱成」とくればここはケーニヒさんのテリトリーでケーニヒさんが押して単独正解。14問目「一之御殿には〜称徳天皇の命を/受けた和気清麻呂が」で押したのは室井さん。「宇佐八幡宮」を単独正解しかっこよく2抜け。いつもは怪しい日本史(暗殺とかテロとか)をさらっていくのだがこんなにきれいな?問題を取ってさっそうと勝抜ける姿は見たことない(←後輩なんで好き勝手言ってます)最終15問目「〜、東京以外で唯一帝国/議会が」で押したのはジャンボさん。これが早押しボードで最初にできた問題だったが地元問題でもある「広島城」をきっちり単独正解して終了。
 勝抜けたのは2人だったが圧勝劇あり、初正解ありといろいろ見どころの多い展開だった。

〔結果〕

1位 ハマクドー 8問目勝抜(28p)
2位 室井 14問目勝抜(22p)
3位 ケーニヒ 15p
4位 ジャンボ林原 14p
5位 なかてぃ 10p
6位 ぽちょむきん 8p
7位 三好誤服店 4p
8位 檸檬 2p
9位T 師匠、シモシモ 0p


 コース別最後は対決通過。3問正解で通過権を獲得し、そのまま+5まで到達すれば勝抜け。誰かが+3になったら+3になった2人での対決クイズに移行する。
 ここでは正解、誤答、スルーがほどよく散らばりなかなか通過権を獲得する人がでない。そんな中ひっさつさんが24問目「京都府」(木津川市がある都道府県)を正解し通過権を獲得するとハマクドーさんが26問目「星新一」を正解しひっさつvsハマクドーの対決へ。この対決は「イエローフラッグ」「2人」(←「あべ」という苗字の総理大臣は何人?)を連取したハマクドーさんが制し1抜け。その後も誤答が多くなかなか+3に到達しない。終盤42問目「朱雀大路」をぽちょむきんさんが、43問目「若旦那」(湘南乃風のメンバー)をケーニヒさんが取って2度目の対決に。ここは「燃料電池」「上村松園」が連続スルーということもありもつれたが対決クイズ2問目(全体45問目)の「うなぎ」と最終問題「T」をぽちょむきんさんが正解して2抜け。ケーニヒさんは「5メートル」(平均台の長さ)をひねりだして追いすがるも届かなかった。

〔結果〕

1位 ハマクドー 29問目勝抜
2位 ぽちょむきん 50問目勝抜
3位 ひっさつ(通過権1回・5○)
4位 ケーニヒ(通過権1回・4○)
5位 GORO、はっぴー、ガンダム(2○2×)
8位 たなかも(2○3×)