天は我に味方せり?

ラグビーとかクイズとか三国志とか適当に

リーグ戦2連戦

 10/30は流通経済、11/6は東海とリーグ戦のヤマ場2連戦となった。

 結果は流通経済戦は31-14、東海戦は22-25という結果に。この結果リーグ戦の成績は4勝2敗となり、残すは11/27の中央戦@熊谷のみとなった。

 チームとして大分成熟してきたようで、特に流通経済戦ではCTB関口選手やSO楢崎選手を中心にBKの連携が非常に良かった。WTB小林選手は相変わらずの走力でトライを重ねてリーグ戦のトライランキングではトップである。
 流通経済戦はスコアこそあまり差は開かなかったが流通経済相手に思うようなプレーをさせず完勝といってもいい内容。関口選手のキックも良かったが楢崎選手のボールさばきが見違えるような動きでBK陣のポテンシャルを十二分に引き出していた。
 東海戦は先制するも前半FWで攻めたてられ防戦一方。後半は前半の必死のディフェンスから流れを取り逆転したが東海に再び逆転される。最後は自陣からボールを回すがトライできずに終了。FW戦で防戦一方になってしまいディフェンスでリズムを作ることができなかった。しかしBK陣は前後半計4トライを取り得点力には問題はなさそう。FWはLO後藤選手が徹底マークにあってしまいそこからボールを取られることが多かったのでそのあたりが課題か。

 リーグ戦全体では東海が6戦全勝。流通経済が4勝1敗でKGUが4勝2敗。流通経済が11/20の中央戦で負けるとその時点で東海のリーグ戦優勝が決まる。KGUは11/27の中央戦に勝ち、同日の東海ー流経戦で東海が勝つと2位になる。しかしKGUが中央に負けた場合は大東文化の結果いかんでは4位になる可能性もある。まずは最終戦となる中央戦@熊谷に勝っていい形でリーグ戦を締めたい。