天は我に味方せり?

ラグビーとかクイズとか三国志とか適当に

RWC2011 プールマッチ フランス戦

JPN 21-47 FRA (前半 11-25)

試合を見る方法はいろいろあったのだが、六本木のスポーツバーへ。

前半を見たときは「大差がつくかな・・・」と思っていたのだが、後半フランスのキックオフがノット10mでセンタースクラムになり「あれ?」となり、その直後のフランスの攻撃も結果的にはノートライ(どうにかトライされずにすんだというのが実際だが)となったのが流れが変わるきっかけになったか。アレジの2個目のトライ→コンバージョンが決まったときには21-25と4点差まで詰めたが、最後はフランスに3トライを取られて終了。


2003年のときは60分まで拮抗していたのだが、今回は70分手前まで4点差でいったので前回に比べると闘えていたのではないかと。中継を見ていても後半フランスの選手がボールを持つとブーイングが起きていたし。


良かった点はイージーミスが少なく攻撃のときにきちんと前進できていたところ。これによってディフェンスの時間が少なくなりリズムが出てくるのでトライのチャンスも出てくる。アタックしながらラインが下がるというのが見られなかったので初戦でこういうテンポが作れたのは非常にいい形。
課題は大外に回されたときにディフェンスの人数が足りないことだろうか。ポゼッションやテリトリーでは極端な差がつかなったにも関わらず点差がついたのはこのあたりが原因とも考えられる。
次戦はホスト国のNZ戦。優勝候補本命、しかも自国開催で優勝が至上命題となっているので相当に苦しい戦いになるだろうが、どこまでジャパンのスタイルを出して試合ができるか。フランス戦と同様、そこの部分が残り2戦に大きく影響するだろう。


あと、個人的には急遽召集されたLOジャンボ勇次とかFL西原あたりがマコウとかソーイアロとかと喧嘩したりしないか別の意味で気になる(笑)張り手一発かましたら別の意味で有名になるだろう。