天は我に味方せり?

ラグビーとかクイズとか三国志とか適当に

越Q初参戦

 13日に越谷クイズ愛好会の例会に行ってきた。

 ここ最近ハマクドーさんの関係で越谷クイズ愛好会のメンバーの方がぽつぽつ江戸Qの例会に参加されている。返礼というわけでもないが自分も江戸Q以外のサークルにも顔をだしてみたいなというのがあり、ちょうど休み期間中の13日に例会があるとのことなのでお邪魔してきた。

 電車で高田馬場→池袋→武蔵浦和南越谷と乗り継いで会場の蒲生地区センターへ。「蒲生」ということは蒲生秀郷とかと関係あるのかな?と思いながら歩いていく。ちなみに累計で浦和8駅のうち4駅を乗り通すことに成功(おい)

 11時過ぎにつくと午前中はフリバ。すぐに参加するもののなかなかボタンを押せない(泣)。そうこうしているうちにケーニヒさんやたなかもさんもきて「ん、いつのえどきゅうの例会?」という感じでフリバ終了。

 午後最初は5問ペーパー(読み上げ)。自分は全てラグビーネタで固めた。決してラグビー協会の回し者ではない(おい)。ジョン・カーワンから2019年まで一応問題同士がつながるような感じにした。答える方では45問中16問正解。

 午後2番目が企画モノ。今回の企画は2つ。

 1)50問選択ペーパー
 (ルール概要)
 ・100問の問題の中から50問選んで解答。
 ・50問は問題を解いている最中に選んでも可
 ・選んだ問題が正解の場合、(不正解者数+1)点を獲得。
 (今回は参加者が10人のため最高10点)

 今回の問題は全て「カテゴリー」「ジャンル」が明記されていた(後の企画とかかわってくるとのこと)がそれに関わらず問題を解いていく。
 単独正解はなかったものの2人正解を2〜3問だして結果は185点で5位だった。ちなみに選んだ50問中の正解数は43問(そりゃそうだ)で100問中の正解数は47問だった。

 2)バスケットボール風チーム戦
 (ルール概要)
 ・1)の上位2人がキャプテンでドラフト方式でチームを組む
 ・ポジションをフィールドプレーヤー(以下F)とシューター(以下S)に分ける(人数制限はなし)
 ・Fは正解2p。解答権を取った後Sにパス(=解答権を回す)することもできる。
 ・Sは正解3p。ただしFから解答権を回されないと答えられない(=ボタンは押せない)。
 ・誤答はノーペナ。ただし6×で退場。(今回は退場で即そのチームは負けになった)
 ・各解答者ごとにマッチアップする相手を決める。
 ・チーム通算11×目以降は相手チームでマッチアップしている解答者が誤答した場合2問フリースローが与えられる。フリースローは1点。フリースローで誤答しても×はつかない。
 ・「チャージ」可。ただしチャージすると自動的にチャージした解答者に×がつきチャージされた解答者がフリースローになる。
 ・100点先取。


 団体戦でよくスポーツをモチーフにしたものがあるが、この企画はバスケットボールをモチーフにしたもの。「概要」とはいってもかなり長くなった。企画者の方も企画書内で「文章にして説明するとめんどくさいな」とちらりと本音が・・・

 1試合目。「ためしてガッテン」で初日。「1時間30分」を「1時間」と誤答するが(将棋で30分遅刻すると何分持ち時間が減らされるか)、「ゆく年くる年」を正解。その後「ユーレイルパス」「マーチン・ルーサー・キング」を連答。後は「p.p.」(過去分詞やピアニッシモに共通するもの)を取り、「マレーの虎山下奉文」を正解。なお、団体戦としては最後は相手チームが誤答して自分のチームの勝利。
 2試合目は1試合目と逆に相手チームが先行する展開に。で、序盤に「畠山」を「斯波」と間違える。まあ「〜三管領は」の時点で押せば三択
になるわな。その後は1試合目と同じくポツポツと正解が出る。(「ラプターズ」「ニュージーランド」「盛岡」「衣鉢(を継ぐ)」)試合は相手が引き離せばこちらが追いつくというまさにNBA的?な展開に。双方とも90点を越えたあたりでシモシモさんがチャージのルールを確認した後から壮絶なチャージ合戦に。そこでタイムアウトを取ったりなどNBA終盤もかくやの様相に。自分はその後3回もシュートを打つ(=解答権を取る)機会があったが全部ケーニヒさんにチャージされる。6問フリースローがあったのだが取れたのが「ラクスマン」「タキトゥス」の2問のみ。シャックよりフリースロー下手じゃん(泣)。最後は相手チーム、きくりんさんにシモシモさんがチャージするがきくりんさんがフリースローを沈めて98−100で終了。結局1勝1敗という結果に。
 なお、自分のスタッツ(個人成績)は↓
 1試合目・・・FG 6/7(=6○1×)、12pts, 1foul
2試合目・・・FG 4/5(=4○1×)、FT 2/6(=2○4×)、10pts, 1foul

 残りの時間はフリバで問題集をこなしたのだが、青い問題の大会(青問杯ではなさそう)の問題集なので全然わからない(号泣)。後限定のネタで「MoMA」を答えた程度か。
 9時近くまでやって終了。帰りはケーニヒさん、シモシモさん、はっぴーさんと武蔵野線に乗り、行きと同じルートで帰宅。

 最初は全然押せないかな・・・と思っていたのだが意外と押せた。ペーパーでも「赤壁の戦い」とか「フッカー」とか自分向きの問題が結構あったような。
 さすがに毎回とはいかずとも、やはり外の空気を吸う(=他サークルの例会に参加してみる)のもいいかな、と。自分がどこまで通用?するのかわかるし、どういう人がいるのかもわかるし。そこで得たものをまた江戸Qに還元していければいいのかな、と思ったりする。