天は我に味方せり?

ラグビーとかクイズとか三国志とか適当に

江戸Q6月例会・MJCC

 うーむ、ブログの更新頻度が全然上がっていない(泣)

 20日は江戸Qの例会のため船堀へ。

 今月は「MJCC(マックスジョージアチャンピオンカーニバル)」。持ち込み企画例会で様々な企画が行われる。また、今回はゲスト参加で早押王で司会を務めた「シモシモ」さんが参加された。

 最初は棋聖戦第5期「キング・オブ・バランス」。体力測定でやる片足立ちを何秒できるか、というもの。
 自分の記録はは約52秒。前期のハンデもあって結果は2位。1位はこれまたハンデを上手く生かしたふかし師匠だった。ちなみに体力測定という意味では30代男性の平均は66秒とのこと。となると体力年齢は(泣)

 2つ目の企画は名人戦第17期「順位戦」。自分は前期で名人位を獲得しているので名人戦に出場して防衛を目指すことになる。
 ルールは同時進行のリーグ戦。勝ち点は勝ち→3、分け→1、負け→0で、上位2人が上位のリーグ戦へ進める。
 最初のB級順位戦は1位おぐのりさん、2位本山さんで2人がA級順位戦へ。A級では最終節直前でおぐのりさんが1位、三好さんが2位だったのだが、最終節でジャンボさんが勝ち、おぐのりさんが三好さんを破ったところ得失点差でジャンボさんが三好さんを逆転して2位に滑り込んだ。
 名人戦はおぐのりさん、ジャンボさんと自分で+3先取のセットを4セット取れば勝ち。(ただしおぐのりさんと自分は1セット持ちのハンデあり)第1セットは自分、第2セットはおぐのりさんが取って第3セットの6問目、「ホットライン」をどこに指を引っ掛けていたのか早押しボタンを飛ばしてしまう(泣)。当然のようにおぐのりさんが取っておぐのりさんがリーチ。第4セットは「ベルリッツ、こどもチャレンジ・・・」で押して「ベネッセ」をひねり出したが最後はおぐのりさんに押し切られて終了。名人位防衛はならなかった。

 3つ目は十段戦第2期「ハンデつき7○?×」。自分は前期結果により決勝からの出場となる。
 ここでは前期十段のハマクドーさんが今回は絶不調だったようで(リーグ戦でもA級で4×を喫し敗退)序盤で2×をつける展開。そういうのにも恵まれ7○を積み上げ十段位を獲得。

 最後はハマクドーさんの王座戦。形式はこの間の新人・早押王の準決勝「ビッグウェーブクイズ」と決勝「10○4×」を使って実施。(ビッグウェーブの初期持ち点は5点に設定)
 ビッグウェーブは終始つかず離れずといった感じで特にピンチらしいピンチもなく経過。問題終了時に自分を入れて7人生き残っていたので7人で10○4×へ。
 さすがに7人での10○4×は大変だが、差込問題を上手く拾っていったこともあって順調にポイントを積み上げていく。終盤に「石田三成→島勝猛、徳川家康→」のパラレルを「本多忠勝」で取って勝ちを確定させてそのまま終了。初の王座タイトルを獲得した。

 今回は比較的問題に恵まれたようで、十段・王座といつのまにやら2冠のタイトルホルダーに。特に王座は前期で戦国問題をひよってスルーし1ポイント差でタイトルを取れなかっただけに「やっと取れた」という感じだった。

 解散後はセガワールド船堀でAnAn(withおぐのりさん・ハマクドーさん)と大戦(こちらは1人で)をやって帰宅。