天は我に味方せり?

ラグビーとかクイズとか三国志とか適当に

08'-09' Microsoft Cup FINAL

 今ウルトラクイズのBGMを聴きながら書いています(笑)

 いよいよ8日、今シーズンのトップリーグ最強を決めるマイクロソフトカップ・ファイナルが行われる。
 決勝にコマを進めたのはリーグ戦1位の東芝ブレイブルーパスとリーグ戦2位の三洋電機ワイルドナイツ。両チームともラウンドロビンでは安定した強さを誇る。選手層も厚く、現時点ではこの2チームが日本ラグビーのトップランナーであることは間違いない。

 メンバーを見ると現時点でのベストメンバーといっていいだろう。東芝はLOに3列もできる渡邉と「日本のLO」大野を配する。No8は今や東芝で不動のエイトとなった豊田。SHは吉田朋のケガがあり藤井淳が入るがSOヒルとのコンビネーションにやや不安があるか。BKはCTBにオトと冨岡が入りアタック、ディフェンスとも万全の態勢で臨む。キャプテンでもあるWTB廣瀬の豪脚が炸裂するか。
 三洋はケガで欠場していた選手が戻ってきた。代表PR相馬、No8龍コリニアシなどだが、SOブラウンがなんとこの決勝で復帰。アルコールは医者からストップがかかっているようだが、久々の実戦、しかも復帰戦がマイクロ決勝ということでどういうパフォーマンスを見せるか非常に楽しみだ。
 そして個人的に非常に楽しみなのがTB/FBのKGU-OBクインテット。三宅ー入江ー霜村ー智規ー番長のラインナップ。今季MVP級の活躍をする入江をCTBに配してキャプテンの淳平をリザーブにまわすという余裕?ぶり。番長を観るのは開幕カード以来だが、ロングキックをはじめとするプレーに大いに注目だ。

 リーグ戦では東芝が圧勝したこのカードだが、ケガ人も戻ってきた三洋相手にはリーグ戦のようにはいかないだろう。東芝としては密集・接点で三洋を終始押し込みながら試合を進めたい。なかなか正面突破というのは難しいだろうが、根気強く押し込むことによって三洋ディフェンスに穴が空き始めたらチャンスである。準決勝の神戸戦のように相手のスキをついて一気にペースを握る展開になると東芝の勝利は濃厚だ。ただ、アタックにしてもディフェンスにしても反則には気をつけたい。リーグ戦では反則の数は14チームの中では最多(168個。反則ポイントも195ポイントで最多)であり、余計な反則でチャンスを潰さないようにしたい。

 三洋はほぼフルメンバー。FW、BKといろいろなところから攻撃できるがまずはディフェンスをきちんとできるか。東芝の圧力をしっかりとしのいでカウンターでトライを取れると三洋のペースになる。また、番長のロングキックを上手くいかせることができればそれだけ手数が増えるので自分たちのペースに持ち込める可能性も高くなる。また、東芝は反則が多いのでPGのチャンスが多くなる。そういった相手がくれるチャンスもしっかりと点につなげられるか。

 今シーズン、ラグビー界において「最強」の称号を手にするのは東芝ブレイブルーパスか、三洋電機ワイルドナイツか。その答えはまもなくでる。


 ちなみに筆者はどっちを応援するのかって???・・・そりゃメンバーをみればわかるでしょう。