天は我に味方せり?

ラグビーとかクイズとか三国志とか適当に

関東大学ラグビーリーグ戦 vs中央大学

  今日は釜利谷グラウンドでリーグ戦の中央大学戦を見に釜利谷へ。

 中央は初戦の拓殖大学戦で勝利しており、前評判は高いチームである。時折雨が激しく降るコンディションでもあり、どちらが先制するかが大きなカギを握りそうだ。(以降選手名一部敬称略)

 試合が始まり、両チームとも足を滑らせたり思うようにパスがまわせなかったりといまいちの試合展開だったが、前半28分にWTB長谷川が左隅にトライ。難しいコンバージョンをSO荒牧が決めて7−0。これでリズムが出てきたようで、前半はこの後PR原田、No8草下がトライを決め、SO荒牧もコンバージョンを1個入れて19−0で前半を終了。

 後半に入ってもKGUペースは変わらず。コンディションの影響もあり決して思うような動きができていたとはいえないが、流通経済大学戦のような各選手のすばらしいタックルにより中央に得点を与えなかった。後半はCTB笹倉、WTB太田、LO清水の3選手がトライをあげ、結局34−0で中央大学に勝利した。

〔結果〕

関東学院 34−0 中央(前半 19−0)

 流経戦に続き、2戦連続で完封というのはここ近年にはなかったはずで、それだけ選手一人一人が体を張っているということがうかがえる。開幕戦ではFL安藤選手が目立っていたが、今日の試合ではSH細川選手がよく足元にタックルしていた。このようにどの選手でも同じレベルのプレーができるようになれば一体感も増してより良いプレーができるようになるだろう。